便利なイオンカードにもデメリットが5つあった!

card-056

 

イオンカードのデメリットとして挙げられるものは複数あります。

それぞれ解説していきます。

 

 

①ポイント還元率

イオンカードのポイント還元率は0.5%なので、
他のカードと比べるとかなり低いです。

よって、還元率が高いほうがいいと思う人には不向きのカードです。

 

 

②WAONなしでは魅力がない

イオンカードには一応、電子マネーのWAON付きのものもあるのですが、
これがないと意味がないという人が多く、まるで宝の持ち腐れのようなものです。

 

 

③イオン系列の店舗がない地域では意味がない

イオン系列の店舗の例として、イオン、マックスバリューが挙げられますが、
これらの店舗がない地域では、持っていても使えないだけなので、
結局意味がないことになります。

 

 

④イオン銀行が使えない

イオン銀行に口座がある人にとって、これは非常に不便です。

イオン銀行が使えない点に関しては、WAONが関係しています。

 

 

⑤WAONポイント二重取りができない

オートチャージ機能が使えないため、
WAONポイントの二重取りができないことです。

イオンカードとは別に、WAONカードを使用している人にとって、
最も厄介な点であり、お得に使うことができないため、
結局持っていて損することもあります。

 

 

以上、5つがイオンカードのデメリットでした。

ちなみにここ最近はイオンカードセレクトというのも
認知されるようになってきました。

 

card-056

 

こちらはイオン銀行もWAONオートチャージもついた
便利なクレジットカードです。

イオンカードのデメリットを補ったカードと言っていいでしょう!

参考にしてみるといいでしょう。

 

 

楽天家族カードは作るな?デメリットを6つ挙げてみた

img_card_regular

 

楽天カードでは、家族カードが無料で作れます。

本会員カード一枚につき5枚までです。

 

家族カードには本会員のような審査はありません。

気軽に作りたくなるところですがデメリットもおさえておきたいです。

 

 

デメリット①…入会ポイントが少なくなる

楽天カードに本会員として新規入会すると
5,000ポイント~最大8,000ポイントほどもらえます。

家族カードだと、入会時特典は1,000~2,000ポイントです。

 

 

デメリット②…ポイントは本会員に付与

楽天カードの家族カードは、その利用分ポイント(クレジットポイント)は
全て本会員につきます。

必ずしも悪いとはいえませんが、家族カード会員は普段カードを使っても
自身のポイントは獲得できません。

 

 

デメリット③…利用明細がまとめられる

楽天カードの家族カードでは、引き落とし口座はすべて本会員のものとなり、
利用明細も一つにまとまります。

家族会員がカードをどのように利用したか、本会員にすべて分かる仕組みです。

学生の子どもに渡すケースなどではメリットとなりますが、
持つ者が十分にカード・お金を管理できる場合はデメリットです。

 

 

デメリット④…利用可能枠は共有

楽天カードの家族カードは、利用枠は本会員に対して
設定されたものを皆で共有します。

したがって誰かが使いすぎたとき実質的にカードが使えない期間が生じます。

使いすぎ防止に家族個別に枠を設定することはできません。

 

 

デメリット⑤…ETCカードは本会員のみ

ETCカードは、楽天カードでは本会員カードにのみ付帯できます。

家族それぞれに高速道路を運転したい場面が有るとき、
ETCカードが一枚では困ってしまいます。

家族カードそれぞれにETCカードが付けられるカードは他にあります。

 

 

デメリット⑥…カードブランドの選択幅

楽天カードでは、VISA/Mastercard/JCBの3ブランドを自由に選択できます。

しかし家族会員カードはが選べるのは本会員と同じブランドだけです。

 

 

まとめ

18歳以上(高校生除く)であれば、基本的に誰でも
本会員として申し込めるのが楽天カードです。

パート・アルバイト・学生・専業主婦(夫)、年金受給の方でも取得できます。

 

本会員になる条件が厳しいカードだと、
家族会員としてでなければ持てないケースも多々有りますが、
楽天カードの場合は、

「本来持ちにくいカードだが、家族会員としてなら持てる・持ってもらえる」

といったメリットが薄いです。

 

利用明細が一つにまとまる点や、口座・利用枠が本会員のものであることは、
一概にデメリットとは決めつけられず、他のカード会社の家族会員もほぼ同じです。

入会ポイントのこと、普段のポイントがすべて本会員に付くこと、
ETC、国際ブランドなどについては良くチェックしてから申し込みたいですね。