便利なイオンカードにもデメリットが5つあった!

card-056

 

イオンカードのデメリットとして挙げられるものは複数あります。

それぞれ解説していきます。

 

 

①ポイント還元率

イオンカードのポイント還元率は0.5%なので、
他のカードと比べるとかなり低いです。

よって、還元率が高いほうがいいと思う人には不向きのカードです。

 

 

②WAONなしでは魅力がない

イオンカードには一応、電子マネーのWAON付きのものもあるのですが、
これがないと意味がないという人が多く、まるで宝の持ち腐れのようなものです。

 

 

③イオン系列の店舗がない地域では意味がない

イオン系列の店舗の例として、イオン、マックスバリューが挙げられますが、
これらの店舗がない地域では、持っていても使えないだけなので、
結局意味がないことになります。

 

 

④イオン銀行が使えない

イオン銀行に口座がある人にとって、これは非常に不便です。

イオン銀行が使えない点に関しては、WAONが関係しています。

 

 

⑤WAONポイント二重取りができない

オートチャージ機能が使えないため、
WAONポイントの二重取りができないことです。

イオンカードとは別に、WAONカードを使用している人にとって、
最も厄介な点であり、お得に使うことができないため、
結局持っていて損することもあります。

 

 

以上、5つがイオンカードのデメリットでした。

ちなみにここ最近はイオンカードセレクトというのも
認知されるようになってきました。

 

card-056

 

こちらはイオン銀行もWAONオートチャージもついた
便利なクレジットカードです。

イオンカードのデメリットを補ったカードと言っていいでしょう!

参考にしてみるといいでしょう。

 

 

楽天ETCカードの年会費が無料になる具体的な2つのパターン

0316ETC_700_350d

 

楽天ETCカードの年会費は通常540円(税込)です。

それほど高額な年会費ではありませんが、
無駄な出費を抑えるためにも無料になる条件を知り、賢く利用したいものです。

その年会費を無料になる条件とはどのようなものなのでしょうか?

具体的に解説して行きます。

 

 

【1】楽天プレミアムカードまたは楽天ブラックカードに付帯して楽天ETCカードを利用する

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)、
楽天ブラックカードの年会費は32,400円(税込)です。

これらの年会費がかかりますので、楽天ETCカードの年会費が無料といえども
こちらに含まれていると考えられるでしょう。

 

 

【2】楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員であること

楽天ETCカードを申し込んだ時に楽天Point Clubの会員ランクが、
ダイヤモンド会員またはプラチナ会員であれば、
楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は
最初の1年目は必ず無料となります。

 

プラチナ会員とは、過去6ヶ月間で2,000ポイント以上
かつ15回以上ポイントを獲得していることが条件です。

楽天市場でよくお買い物される方はクリアできそうな条件でしょう。

 

また、楽天ポイントカードを使ったものに対しても
楽天Point Clubのランクアップ対象となりますので、
ポイントが獲得できる対象のショップで積極的に利用することで、
さらに条件が簡単にクリアできるでしょう。

 

次年度以降も年会費無料にするには、楽天ETCカードの年会費が請求される月に
楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド会員または
プラチナ会員でしたら自動的に無料(免除)になります。

 

そのため、常に条件をクリアした会員ランクをキープし続ければ、
年会費無料で利用できるのです。