楽天ETCカードの年会費が無料になる具体的な2つのパターン

0316ETC_700_350d

 

楽天ETCカードの年会費は通常540円(税込)です。

それほど高額な年会費ではありませんが、
無駄な出費を抑えるためにも無料になる条件を知り、賢く利用したいものです。

その年会費を無料になる条件とはどのようなものなのでしょうか?

具体的に解説して行きます。

 

 

【1】楽天プレミアムカードまたは楽天ブラックカードに付帯して楽天ETCカードを利用する

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込)、
楽天ブラックカードの年会費は32,400円(税込)です。

これらの年会費がかかりますので、楽天ETCカードの年会費が無料といえども
こちらに含まれていると考えられるでしょう。

 

 

【2】楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員であること

楽天ETCカードを申し込んだ時に楽天Point Clubの会員ランクが、
ダイヤモンド会員またはプラチナ会員であれば、
楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は
最初の1年目は必ず無料となります。

 

プラチナ会員とは、過去6ヶ月間で2,000ポイント以上
かつ15回以上ポイントを獲得していることが条件です。

楽天市場でよくお買い物される方はクリアできそうな条件でしょう。

 

また、楽天ポイントカードを使ったものに対しても
楽天Point Clubのランクアップ対象となりますので、
ポイントが獲得できる対象のショップで積極的に利用することで、
さらに条件が簡単にクリアできるでしょう。

 

次年度以降も年会費無料にするには、楽天ETCカードの年会費が請求される月に
楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド会員または
プラチナ会員でしたら自動的に無料(免除)になります。

 

そのため、常に条件をクリアした会員ランクをキープし続ければ、
年会費無料で利用できるのです。

 

 

楽天家族カードは作るな?デメリットを6つ挙げてみた

img_card_regular

 

楽天カードでは、家族カードが無料で作れます。

本会員カード一枚につき5枚までです。

 

家族カードには本会員のような審査はありません。

気軽に作りたくなるところですがデメリットもおさえておきたいです。

 

 

デメリット①…入会ポイントが少なくなる

楽天カードに本会員として新規入会すると
5,000ポイント~最大8,000ポイントほどもらえます。

家族カードだと、入会時特典は1,000~2,000ポイントです。

 

 

デメリット②…ポイントは本会員に付与

楽天カードの家族カードは、その利用分ポイント(クレジットポイント)は
全て本会員につきます。

必ずしも悪いとはいえませんが、家族カード会員は普段カードを使っても
自身のポイントは獲得できません。

 

 

デメリット③…利用明細がまとめられる

楽天カードの家族カードでは、引き落とし口座はすべて本会員のものとなり、
利用明細も一つにまとまります。

家族会員がカードをどのように利用したか、本会員にすべて分かる仕組みです。

学生の子どもに渡すケースなどではメリットとなりますが、
持つ者が十分にカード・お金を管理できる場合はデメリットです。

 

 

デメリット④…利用可能枠は共有

楽天カードの家族カードは、利用枠は本会員に対して
設定されたものを皆で共有します。

したがって誰かが使いすぎたとき実質的にカードが使えない期間が生じます。

使いすぎ防止に家族個別に枠を設定することはできません。

 

 

デメリット⑤…ETCカードは本会員のみ

ETCカードは、楽天カードでは本会員カードにのみ付帯できます。

家族それぞれに高速道路を運転したい場面が有るとき、
ETCカードが一枚では困ってしまいます。

家族カードそれぞれにETCカードが付けられるカードは他にあります。

 

 

デメリット⑥…カードブランドの選択幅

楽天カードでは、VISA/Mastercard/JCBの3ブランドを自由に選択できます。

しかし家族会員カードはが選べるのは本会員と同じブランドだけです。

 

 

まとめ

18歳以上(高校生除く)であれば、基本的に誰でも
本会員として申し込めるのが楽天カードです。

パート・アルバイト・学生・専業主婦(夫)、年金受給の方でも取得できます。

 

本会員になる条件が厳しいカードだと、
家族会員としてでなければ持てないケースも多々有りますが、
楽天カードの場合は、

「本来持ちにくいカードだが、家族会員としてなら持てる・持ってもらえる」

といったメリットが薄いです。

 

利用明細が一つにまとまる点や、口座・利用枠が本会員のものであることは、
一概にデメリットとは決めつけられず、他のカード会社の家族会員もほぼ同じです。

入会ポイントのこと、普段のポイントがすべて本会員に付くこと、
ETC、国際ブランドなどについては良くチェックしてから申し込みたいですね。

 

 

口コミからわかる楽天カードのおすすめポイントと注意点

IMG_9053

 

楽天カードの気になる口コミということで、
私が実際に使った感想を書きたいと思います。

楽天カードの良い部分も悪い部分も
正直に書きますので参考にしてみてください。

 

 

ポイントは確かに貯まりやすい

楽天カードのメリットでも解説しましたが、
楽天カードはカード利用100円につき1ポイント貯まります。

 

他のカードだと1000円単位での
ポイント付与とかが普通なので、
楽天カードの100円単位というのは
かなり嬉しい部分です(^^)

 

また、1%のポイント還元率が最低ライン
というのも嬉しいですね♪

最低で1%。
エネオスなどの楽天カード加盟店で利用すれば
ポイント2~3倍になります。

こういった店舗を利用することで
飛躍的にポイントを貯めることが可能です!

 

ETCカードは有料

楽天カードは無料でも
ETCカードは有料となります。

私はこの部分を確認し忘れてしまい
ETCの年会費を払ったことがあります。

年会費は500円+税です。

この分をきちんとポイントで回収できるなら
ETCカードは発行しても問題ないでしょう!

 

支払いの初期設定に注意!

私は大丈夫でしたが、
口コミで書かれていた方がいたので
ここで書きたいと思います。

申し込み時に支払方法を指定しないと
自動的にリボ払いになるので注意しましょう!

 

リボ払いは利息ばかり取られるので
百害あって一利なしです!

申し込み時に注意しながら読んで
きちんと支払方法を選択しましょう!

 

以上が私の口コミでした。

ETCカードとリボ払いに気をつければ
後は特に問題ないかと思います♪

ポイントが貯まりやすいですし、
審査も通りやすいです。

年会費も無料なので
持っていて損はないのではないでしょうか?(^^)

 

楽天カードが学生向きな3つのメリットを解説

楽天カードの3つのメリットについて解説します。

これから解説するメリットを読んでいただければ
クレジットカードが初めての学生でも
使いやすいカードであると理解できるかと思います。

 

①年会費永年無料

楽天カードは年会費が永年無料です。

なのでただ持っているだけでも
何の問題もありません( ̄∇ ̄)

カードを使う機会が少ない
学生さんもいるかと思います。

年会費がかからないのは
1つのメリットですね♪

 

②ポイントが貯まりやすい

まず、無料のクレジットカードの中で
楽天カードは1%と高い還元率の部類に入ります。

そして、ポイントも支払い100円ごとに付くので
ポイントが貯まりやすいカードと言えます。

通常1000円ごとにポイント付与なんて
カードも珍しくないので、
その点、楽天カードは良心的かなと思います♪

 

③海外旅行保険付き

これも年会費無料のカードにしては
十分すぎる内容かと思います。

travel

やはり無料のカードとなると
保険が付いていないのが大半です。

そんな中、楽天カードの海外旅行保険は
優秀と言っていいでしょう。

 

以上、3つのメリットについて解説しました。

クレジットカード初心者にとっては
使いやすいメリットかと個人的に思っています。

これから申し込む方は参考にしてみて下さい。

次に気になる口コミ情報を紹介したいと思います。

⇒楽天カード私の口コミ