便利なイオンカードにもデメリットが5つあった!

card-056

 

イオンカードのデメリットとして挙げられるものは複数あります。

それぞれ解説していきます。

 

 

①ポイント還元率

イオンカードのポイント還元率は0.5%なので、
他のカードと比べるとかなり低いです。

よって、還元率が高いほうがいいと思う人には不向きのカードです。

 

 

②WAONなしでは魅力がない

イオンカードには一応、電子マネーのWAON付きのものもあるのですが、
これがないと意味がないという人が多く、まるで宝の持ち腐れのようなものです。

 

 

③イオン系列の店舗がない地域では意味がない

イオン系列の店舗の例として、イオン、マックスバリューが挙げられますが、
これらの店舗がない地域では、持っていても使えないだけなので、
結局意味がないことになります。

 

 

④イオン銀行が使えない

イオン銀行に口座がある人にとって、これは非常に不便です。

イオン銀行が使えない点に関しては、WAONが関係しています。

 

 

⑤WAONポイント二重取りができない

オートチャージ機能が使えないため、
WAONポイントの二重取りができないことです。

イオンカードとは別に、WAONカードを使用している人にとって、
最も厄介な点であり、お得に使うことができないため、
結局持っていて損することもあります。

 

 

以上、5つがイオンカードのデメリットでした。

ちなみにここ最近はイオンカードセレクトというのも
認知されるようになってきました。

 

card-056

 

こちらはイオン銀行もWAONオートチャージもついた
便利なクレジットカードです。

イオンカードのデメリットを補ったカードと言っていいでしょう!

参考にしてみるといいでしょう。